「先生、これ見て!」
たっくんが成績表を見せてくれたとき…

彼の名前は「たっくん」

 

私が初めて担当したとき、彼はすでに中2の終わり。

学校へは行っていたものの、毎晩夜遊びを繰り返している状態でした。

 

学年末テスト。

英語の結果は20点台前半で高校進学は絶望的と思われました。

 

「先生、これ見て!」

その彼が、定期テストの結果を見せてくれました。

なんと74点!50点ちかくアップしています。

 

それまでに学習したことは、基本文と単語、

重要表現の繰り返しのみ。

あまりに基本が抜けていたためにそれしかできなかった、

というのが実情です。

 

私は「彼の点数を上げたんだ、すごいぜ!」

…と言いたいわけではありません。

 

いや、少しは言いたいですが(笑)

 

それよりも大事なことは、その後の彼に起きた変化です。

相変わらず遊びまわってはいたようですが、テスト前には自習に来て

しっかりと提出課題をこなすようになりました。

小さな変化ではありますが、彼の将来にとっては大きな進歩です。

 

ひとつの科目の点数が上がると、他の科目にも好影響をもたらします。

努力が結果につながることが、子供たちに自信をつける

「きっかけ」になることを確信する出来事でした。

 

子どもたちの可能性を少しでも広げてあげたい。

明学舎は応援しつづけます。

 

 

 

Copyright© 明学舎 , 2014 All Rights Reserved.

  • w-facebook